高速走行時やカーブでの安定性に欠ける傾向

世間ではエコカーや軽自動車がとても主流となっているのではないでしょうか。特に軽自動車は人気の傾向が強く、自動車メーカー各社がこぞって新商品を次々と市場に投入しているくらいです。それだけユーザーからの需要があるということが言えるのです。

 
軽自動車がなぜここまで人気があるのかと言えば、それは維持費が安く上がるといったような経済性にあると言い切れるのです。その他車体が小さいために狭い道でも運転しやすいというような利点もありますが、やはり普通乗用車を買うことができないから軽自動車で我慢するというユーザーが多いのです。維持費関係になりますと、そこまで大きな差が普通乗用車と比較して出てくることになるのです。

 
維持費の安さを除いたなら、軽自動車にはあまり魅力が残らないことになるでしょう。特に走行時の安定性はあまり良いものではありません。車の全体として安い部品を使って作られているものですから、走った感じではあまり手応えを感じないのです。特にカーブでの走行が不安定になるというデメリットがあります。高速でカーブに進入すると車体が踏ん張ってくれず、流されるような感じが出てくるのです。その他にも直進時にふらつきも大きくなります。

コメントは受け付けていません。