登坂時や積載重量が多い際などに加速力不足を感じる

軽自動車は維持費が安くて、小回りが利き、また最近の軽自動車は車内も広くて快適です。
しかし、軽自動車は良いことばかりではなく、当然欠点もあります。
軽自動車に乗ったことがある人なら、誰しもが感じたことがあるであろう、パワーの無さです。
特に最近の軽自動車は大型化して重量も増えているため、余計にパワーの無さを感じやすくなっています。

 

 

まず、最初にパワーの無さを感じるポイントは急な坂道を登坂しているときではないでしょうか。
街中のちょっとした長い坂道を登坂している時でも感じることはあるかもしれませんが、
峠のような場所を走行した場合もっともよく感じるのではないでしょうか。
いくら、アクセルを踏んでもスピードが出ない、パワー不足を感じる瞬間です。

 

 

次に軽自動車の非力さを感じるシチュエーションとして積載重量が多いときの加速力の悪さではないでしょうか。
少し、重い荷物を運ぶだけで信号待ちから発進する時などに加速が鈍っているのを感じたことが、ある人は多いでしょう。
更に大人が4人乗車する機会が多い人はもっと、加速の違いを感じているのではないでしょうか。
軽自動車のパワーでは大人が4人も乗ると、どうしても非力なため特に発進時の加速などが、
一人で乗っている時と比べて大きく鈍ってしまうことになるのです。

コメントは受け付けていません。