規格サイズについて

軽自動車は軽自動車と言う規格です。

–¼Ì–¢Ý’è-2その規格内に収まるように作られていると軽自動車として登録できるようになります。

 

具体的にはどういう規格なのでしょうか。

まず外形寸法ですが、長さが340cm以下、幅が148cm以下、高さが200cm以下です。

それからエンジンの排気量が660cc以下です。それから当たり前ですがタイヤの数が2輪以下だと2輪車なので別の規格になります。

基本的にはこれだけです。

 

つまり電気自動車の場合にはモーターやバッテリーに特に規制がないことがわかります。

 

またガソリンエンジンでもディーゼルエンジンでもハイブリッドカーでも、可能です。

 

もちろんターボチャージャーやスパーチャージャーなども装着可能です。

 

現在製造されていませんが2ストロークエンジンも可能です。

 

一般的に軽自動車は4人乗りで、貨物車の場合最大積載量350kgですが、このことは長さなどの規格とは違い、法的な根拠があるのものではなく、メーカーの自主規制などのです。

エンジンの最高出力もそうです。

 

また以前は普通自動車と別のやや緩い衝突安全性基準がありましたが、現在は普通自動車と同じになっています。

灯火類の基準なども普通自動車と同じです。

コメントは受け付けていません。