車両本体価格のほか、税金・保険料・ガソリン代などの維持費も安い

車両本体価格が安くて人気の軽自動車ですが、維持費についても様々なメリットがあります。

 

維持費といっても色々なものがありますが、最初に思い浮かぶのはやはりガソリン代です。

 

普通自動車ですと、ガソリンの容量は大体50リットル~70リットル以上入りますが、軽自動車は大体35リットル程度です。空に近い状態から満タンにすると金額にかなりの差が生まれます。それに加え、ハイブリット車を除けば燃費は普通自動車よりも良いのでガソリン代はかなり違ってきます。

 

その他、税金も軽自動車税は現状では7200円と大変安く設定されています。2015年4月以降に購入されたものに関してはには1万800円に改正されてはしまいますが、普通自動車の税金が最低でも2万9500円かかると考えると、断然安くなっています。

 

自動車に乗れば当然保険料も違ってきます。同じ金額の軽自動車と普通自動車でも、自賠責保険と任意保険どちらも同条件で入れたと仮定すると、軽自動車の方がどちらの保険料も安くなります。

 

その他、オイル交換や、タイヤ、バッテリー、ワイパーなどの消耗品や、車検費用に至るまで、本当に沢山の維持費がかかるのですが、普通自動車に比べ、ほとんどの費用が安価に設定されています。

 

新車でも中古車でも車を持つと必ず発生する費用なので、長い目で熟考するのが大切です。

コメントは受け付けていません。